キビまる豚について

沖縄ブランド豚「キビまる豚」

キビまる豚は沖縄県南部で育てられ、沖縄古来から生息する薬草類や紅イモ、さとうきびを中心に肥育されています。肥育される環境も徹底しており、施設内は病原菌が一切無い状態を保ち、健康で元気に育つ事が出来るので、抗生物質等を使用していません。肉質はオレイン酸を多く含み、脂身は通常より融点が低い為、口どけの良さと上品な香りが楽しめます。徹底した管理態勢の元、福まる農場によって肥育された豚のみが「キビまる豚」と言える上質な豚となります。












緻密な管理と熱心な研究が育んだ極上の肉質。

福まる農場の「キビまる豚」は上質な和牛のように細かいサシが入った肉質が特徴。また豚肉の脂の融点(脂が溶ける温度)は通常37度~38度ほどなのですが、「キビまる豚」はおよそ30度という低さです。早く溶けるということはそれだけキメ細やかで柔らかい肉質だということ。味もまろやかで甘みのある上品な仕上がりとなっており、「しゃぶしゃぶ」にしてもアクが出ずタレを付けずに食べても美味しいと評判です。琉球大学と連携した成分分析でも、美味しさを感じるうま味成分の遊離アミノ酸が他の豚肉より豊富に含まれており、味の奥行きやコクに優れているとの評価を得ています。一度食べてみれば味の違いがはっきりわかる。それが「キビまる豚」なのです。

地元沖縄でも味わえる場所はわずか数軒のみ。

その美味しさがプロからプロへとクチコミで広がって、たとえば都内の一流ホテルのメインダイニングや「ミシュランガイド東京」に掲載されているフレンチレストラン、最近では海外のバイヤーからも多数の問い合わせを受けています。その人気のため部位によっては生産が追い付かず、まったく手に入らない状況も。地元沖縄でも「キビまる豚」の味を堪能できるのは、ホテルサンパレス球陽館をはじめわずか数軒のホテルと、ラ・フォンテ(La fonte)、土香るなど数店舗のレストランのみとなっています。

美味しさを求め開発にかけた期間は6年。

各方面から評価を頂いている「キビまる豚」ですが、その開発には6年あまりの歳月を費やしています。スタートから最初の2~3年間は、豚の睡眠時間や飼料の量、生活リズムなどを知るため豚舎に寝泊まりして試行錯誤の研究。その後プラス3年をかけていまの味にようやくたどり着いたのです。  

こうして完成した「キビまる豚」の美味しさの秘密。それは水と餌にあります。昔ながらの育て方で厳選された水を与え、餌の種類を変え組み合わせることで、理想とする好みの味に創りあげて行くのです。福まる農場ではサトウキビを原料とする糖蜜、紅芋、そしてフーチバー(ニシヨモギ)や長命草といった沖縄県産の薬草を独自にブレンドした飼料を与え肥育しています。  

豚舎と加工場を新たに開設しHACCP認定を取得。

2015年の5月に「福まる農場」は那覇空港から30分の本島南部に豚舎を開設しました。内閣府農林水産部による六次産業化総合化事業計画の認定によりスタートした事業で、交配、分娩、離乳、肥育とそれぞれの生育状態にあわせて豚舎を移動させることで飼養管理を徹底。糖蜜のミストシャワーを使用するなど衛生管理にも配慮し、匂いがまったくない豚舎を実現しています。また2016年の5月に加工場も開設。枝肉の保管にはチルド冷蔵を導入し賞味期限を大幅に伸ばすことで、季節に関係なく安定した供給が行える体制も整えました。他にも安全・安心なお肉を生産するため多くの検査を導入。現在は沖縄県畜産公社との連携事業を行い、令和2年8月にHACCP推進農場認定取得いたしました。

 

 

 

HACCP(Hazard Analysis and Critical Control Point/ハサップ)とは:製造・加工段階で発生の可能性がある微生物汚染等をあらかじめ分析(Hazard Analysis)。その結果に基づいて製造工程の各段階でどのような対策を採ればより安全な製品を供給できるかと言う重要管理点(Critical Control Point)を決め、これにより製品の安全を確保する国際的な衛生管理手法。

新たな道しるべを歴史に変える。

沖縄県民の食文化は、琉球王国の時代から豚とともにありました。
その食文化を世界に誇れるものにすべく、私たちは養豚業で作る「沖縄ブランド」という1つの「答え」を導き出しました。沖縄の地から始まった私たちの夢「沖縄の養豚業を世界へ」

安心・安全が当たり前のこの時代、私たちは「その先」を目指します。豚にとっての「最高」を実現すべく、ストレスのない環境や食事を徹底的に模索しました。豚肉の新たな時代を築き上げる企業になる為に「研究」と「挑戦」を続けることが私たちの使命です。

これからも、その志を忘れずに夢の行き先を見届けます。